旅の雫 第一弾 名古屋飯と伊勢神宮のアマテラス様に会いに

くまです。

11月17.18日で、潜らないツアー『旅の雫』へ

第一弾は東海地方へ!

メンバーは加藤さん、なっちゃん、えりつぃん

朝8時に鴻巣駅から高崎線に乗り込み、東京駅で新幹線に乗り換えー、早速ビール飲みながら名古屋駅へ!

名古屋駅でJRに乗り換え、そのホームで名古屋名物「きしめん」を

実は名古屋きしめんはホームの立ち食いそばが一番美味しい説!ほんとダシの香りがたまらない午前中のお腹には優しいナイスな1杯でした。

名古屋駅から地下鉄に乗り換え名古屋港水族館へ!

天気は最高!

平日の昼間はガラガラの水族館なんです^_^

お目当てはこの大きなイルカとシャチのプールを裏側から見れる『水中観覧席』

普段はのんびり泳いでるイルカ達も、ショーが始まるとー

迫力のジャンプシーンが水中から観れるっ!

その後のシャチのショーも!

この近さで観れる!!

こんな感動は名古屋港水族館だけ^_^

その他ー

クラゲミュージアムに癒されー

ニシキアナゴなんて海ではこんな近くで見る機会無いからうひょうひょ言いながらマクロモードで5分近く粘って撮ってー

周りからしたらきっと気味悪いおじさんだったに違いない。。

ブタバナガメに癒されるやーつ^_^

最後にありがたい御朱印ならぬ『魚朱印』をいただき水族館を後にー

外に出るとサンセットがよき!

帰ろうとしたらえりつぃんがどーーしても南極観測船ふじに乗りたい!と聞かないのでしぶしぶ300円払って中へ。。

現役を引退した本物の船だけあって、中に入ると意外とみんなテンションが上がりー

本物の内部探索を楽しみー

当時の様子を再現してあったりー

操縦室にも入れるしー

艦長気分も味わえて良き!こら、意外とめちゃくちゃ楽しいやつでオススメでした!えりつぃんごめん。。

そのまま名古屋駅に戻り素敵ホテルへチェックイン!

11階から部屋からは名古屋の夜景がー

素敵なやーーつ(´∀`*)

シャワー浴びたら名古屋飯ディナーへ!

本日のお品書きはがっつり名古屋満喫飯!!

名古屋コーチンの手羽先にー

味噌シミシミの名古屋おでん!

締めはウナギのひつまぶし!!

ぬぁー美味しかったーー!

けどお腹ぱんぱんでホテルに戻り21時台に消灯。。

翌朝5時起きの5時半ホテルチェックアウト!

セブンで東海限定の激ウマおにぎりを朝ごはんにゲットしてレンタカーで出発!

名古屋から1時間半かけて三重県の伊勢市へー、曇り予報だったけどー伊勢神宮のアマテラス様に会いに行くと言うことで当然晴れに変更きゃっほい^_^

朝7:30の外宮はガラガラのガラ!

この鳥居をくぐると、空気がピンと張り詰めていて、森と土のいい香りがたまらないー^_^

紅葉もなかなかいい感じでございます^_^

外宮でたっぷりゆっくり参拝させて頂いたら、次は内宮へ移動。

ガラガラのおかげ横丁通りから内宮の鳥居へー太陽がちょうど登り始めてなかなかのご来光感^_^

真っ赤に紅葉した木の下で休憩したらー五十鈴川にお清めにー

なんと、

紅葉が、川面に映り。。

とんでもない姿になってて数十分動けませんでした。。泣

いやはや、こんなタイミングで最高の紅葉が観れると思いませんでした。

神様ありがとうございますm(__)m

高くて存在感が半端ない聖なる木々からの木漏れ日もやっばーい

御神木にはコダマも写り込んでます^_^

伊勢神宮の御朱印帳は何と式年遷宮の時に交換された本物のヒノキを使用されてるすごいやつ!

今後の旅の雫で訪れるであろう出雲大社、厳島神社、戸隠神社、太宰府天満宮にこの御朱印持って行こう^_^

参拝後はおかげ横丁でー

三重県が誇る『松坂牛のステーキ串』食べてー

素敵な茶屋でー

名物『伊勢うどん』食べてー

とどめにー

赤福本店でー

ムギュってしたてのホヤホヤの赤福頂きー

幸せ満喫でございます。

名古屋まで戻りー、お土産に「千寿の天むす』に『青柳ういろう』をお買い求めいただきー新幹線に乗る前から待合室で締めの宴を始めましたがー

無事埼玉へ戻ってまいりました。

ご参加頂いた皆さまありがとうございました!

ダイビング屋なのに、潜らずただの旅行w

しかし、ただのバス旅行とは違い、美味しいものをより美味しくいただき、楽しめるとこはとことん楽しむ、旅先の良いところを凝縮して満喫して頂ける、常々アフターダイブに全力を注いでいる雫ならではツアーでございます^_^

次回!薪ストーブのあるお宿に泊まるスキーツアーか!?はたまた野外でカレーを作り、夕日と共に焚き火とホットウィスキーを楽しむデイキャンプかー

旅の雫 第二弾をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です